ryuseiz eX4.0

Seventeen Syndrome 3 with U'min

f0117626_11142884.jpg

f0117626_19273459.jpg

f0117626_20492621.jpg

f0117626_23433973.jpg

f0117626_20172982.jpg

f0117626_23314932.jpg

f0117626_19573349.jpg

f0117626_20522171.jpg

[ グレーな色合いの午後 ]



■撮影に絶対的に必要な条件ってなんだろう.......
今回は35mm f/1.4Lで撮影してみました。パースが付いて画面の安定感が失われる為、50mmよりある意味大変です。なので後方の背景物とのからみで、野外ではこのレンズは使ってこなかったのですが、スナップ撮りではスーパーレンズですね。僕も実際このレンズを使い始めてから1年半くらいになるのですが、バカみたいな値段が付いていますよね。買うときも「ショーケースを指差して店員さん呼んでいる自分が怖かったです。(笑)」

ズームレンズが主流の現在、不便な単焦点でならない理由って普通に無いです。
ズームレンズ1本の方が色んな場面で楽に撮れると思うのです。
でもそれは撮影がスムーズに進んでいるって事で、「質感」は最優先になっていないのです。
便利になった反面、失われている質感が判っちゃうとやっぱりダメですね。
そこはもう、ただ僕の質感へのこだわりです。

このレンズの描写って、とてもいいと思う。めちゃめちゃ光量落ちも激しいしんだけど、使いこなせると凄くいい感じなる。なので、しばらくは野外の勉強会ではこれで行こうかとちょっと思いました。

さて今回の撮影は、たった30分です。その限られた時間の中でペース配分して、起承転結できるような雰囲気の写真を残す訳ですが、カメラマンの力量とかの問題以前に、悪天候とかはどうにもならないですよね。

でも現実には、そうも言ってられませんから、後どれくらいだったら、今の天気が崩れないのか........って言うのを頭の片隅に置きながら撮る訳です。
んで、撮影終了後10分と違わないくらいで「雨」が降って来たりすると、自分ながら「ギリギリセーフ」なんて場面で、喜んだりしてすっかりその事が嬉しくて「お天気当ておじさん」になっちゃっています。


ゆぅみんさんを撮るようになって、そろそろ一年になるのですが、来年は受験なので僕の出番が減るかもしれませんが、残せる所は残して、撮影を続けられるといいなぁと思っています。
巷では、「私は永遠の17歳」って女性は良くいますが、やっぱリアル17歳は本当に、ドンドン進化して行って撮るごとに新しい発見で楽しいです。
[PR]
by ryusei_ex | 2010-12-15 10:25