ryuseiz eX4.0

FUJINON XF35mmF1.4R と言うレンズ

f0117626_16423482.jpg




f0117626_21103599.jpg

f0117626_20555068.jpg


「 FUJINON XF35mmF1.4R / First Report 」

もう一年も前の事なのですが、「X-Pro1」が発売されるので、手持ちの「X100」と「7D」をドナドナして、買う気満々でカメラ店に行ったのに、お店を出たときには何故か「D800」になっていたのですが、今回は夏前に新型の「GR」が出るのでワクワクして買いに行って、店を出たら「X-Pro1」だったというオチなのですが、
35mmマニアの僕としてはずっと気になっていたこの「FUJINON XF35mmF1.4R」と言うレンズ。

実際の使用には「X-Pro1」の場合はAPS-Cサイズの為、実際には約53mm相当と言う感じなのですが、野外で自由に撮ろうとした場合、やはり「ND8」フィルターが必須となる。「ND4」では真夏の野外では少々役不足。

実はこの日、チェックの為に「5Dmk2+35mmf1.4L」の組み合わせと比較してみたのですが、5Dの場合は純粋に35mmになるので全く同じ比較ではないのですが....
「X-Pro1」も最新のファームウェアで別物に思えるくらい、他のミラーレスカメラと同じくらいの「普通」のカメラになってましたが、僕は「X100」を一年くらい使っていた経験があるのでこのファインダーは単焦点ならそこそこ面白いと思うのですが、ズームはねぇ......。やっぱり素直にEVFモード切り替えますよ。
撮影の露出や精度は「 D800>5Dmk2>X-Pro1 」と言う感じで、歩留まりは圧倒的にD800。ポートレート撮るならD800クラスのキビキビしたテンポと写りの正確さはやっぱり別格。5Dも少し古さを感じますが、露出は比較的安定していますのでなかなか外さない感じでいいです。それに対してX-Pro1は初代5D的な少し露出が暴れる感じ。
カメラ的な順位はこんな感じなのですが、レンズとしてのXF35mmは、場合によっては、5Dと35mmLの組み合わせよりも、このXF35mmとX-Pro1の方が見た目良い感じに撮れる事もあるので、「カメラ+レンズの総重量」を考えると、X-Pro1とこのXF35mmの組み合わせと言うのは、一眼レフが持ち出せない状況であれば、小型軽量で、しかも写りもAPS-Cクラスでは、なかなか良い選択だと思うのです。
特に、夕方から夜かけての、ストリートでの撮影は、大きい一眼レフでは目立ってしまう場面では、このX-Pro1の方が相手に意識されない分、撮ることが面白いです。あっ....そうなんです。X-Pro1は撮ることが面白いと感じるカメラですね。街撮りなどで大型のカメラで持ち出せない状況でもスッと出して、スッとしまえるテンポの良さは小型カメラならでは....。

でも、僕がポートレートのメイン機にしないのは、やはり覗いたときのファインダーが現状では、ミラーレスよりも一眼レフの方が遥かに綺麗でリアルに見えるからなのです。


f0117626_16314233.jpg

f0117626_2114996.jpg

[PR]
by ryusei_ex | 2013-08-18 21:18 | リポート