「ほっ」と。キャンペーン

ryuseiz eX4.0

[ 初秋の候 with hisoka /ver 2.0 ] EF 35mm f/1.4L USMと言うレンズ

f0117626_22313844.jpg




f0117626_2249237.jpg

f0117626_2264417.jpg

f0117626_22175364.jpg

f0117626_21562856.jpg

f0117626_22213481.jpg

f0117626_22232263.jpg

f0117626_20174259.jpg

f0117626_22111642.jpg

f0117626_22114477.jpg

f0117626_22474692.jpg

f0117626_23131452.jpg

f0117626_22522991.jpg

▼[ 50mm f/1.2L USM ]
f0117626_21245776.jpg

f0117626_22491690.jpg

f0117626_2229381.jpg


[ 撮影記録 / キヤノン35mm f/1.4L USM と言うレンズ ]

この日は午後からの撮影で、ロケ自体は移動時間との関係で、1時間とちょっと位のショートロケでした。ただ、この日が台風のフェーン現象みたいな日で猛烈に蒸すような暑さで、全く真夏みたいな感じでした。 なので.....撮影枚数は少なめです。

撮影については、基本「35mm」一本勝負と言いたい所ですが、途中何枚か「50mm」で撮ってみましたが、背景とかの関係でやはり途中で「35mm」に戻しちゃいました。
不思議なことですが、僕も単焦点で写真を撮り始めたときは、「やっぱり50mmは万能選手みたいで良いね!!」と思っていたのですが、室内イベントで下がれない時の為に、当初「35mmf2」を使っていたのですが、あの「ジーコジーコ」な音に耐え切れず、今考えても大暴挙、当時18万円ですよ。単焦点の35mmレンズ!! 何時使うんだよ....と思ったのですが、35mmって、その独特なパース感覚に最初は違和感バリバリだったのですが、今は全くの逆で「50mm」だと遠すぎる....というか望遠感がどうもしっくり来なくなりました。
慣れとは恐ろしいものですが、今は野外でのポートレートの大半を、この「35mmf/1.4L」だけで撮っちゃっています。一言で言うと50mmf/1.2Lと別の意味で「凄いレンズです。」
ちょっと補足しますが、僕の場合、撮影時の絞りに関しては、「全身→開放」「半身→f1.4~f2.2」位がメインで、「f2.8~4位は演出的な撮り方が必要な場合を除いてほとんど使いません。」尚、f5.6以降はポートレートでは使わないので、一部の人に言われるような「開放バカ」に近いのかも....ww

一般的に見て、ネットとかで公開されているポートーレートの大半はズームレンズでの撮影が多数派だと思うのですが、僕のようにプライベートモデルさんと自由に散策しながらロケが出来る場合は、その趣味性が高い撮り方を求めて、単焦点レンズで撮る方も少なくないと思います。単焦点だと「50mm>85mm>>>35mm」の感じでしょうか。特に35mmの場合、「f2.0」だと4万~6万も出せば入手できますが、ちょっと明るくなっただけの「f1.4」だとシグマの35mmが9万円ちょっとですが、純正レンズだと18万円後半もするレンズがゴロゴロしているのと、35mmって個性的に撮るには本当に「普通すぎる画角」、そしてズームレンズで十分カバーできる範囲ですから、「どうせ18万円も出して買うなら、ズームレンズ1択だっ!!」って言うのも、汎用性も高くて、それは正しいと思います。

ところが....です。35mmの「f1.4」ってLレンズ独特の質感で、更に「50mm」の「f1.4」で撮るより35mmの方が確実度が上です。同じ「f1.4」でもピントなどの外しが少ないです。又、「f1.4」のレンズを絞って「f2」で撮る場合と「f2」のレンズでそのまま「f2」で撮る場合では、心なしかちょっと出てくる絵が違います。キヤノンの場合、35mmは「f2」と「f1.4」の2つありますが、
実際の絵見ると判りますが、特に色とかの質感が違う感じがします。その「ちょっと違う....」部分の代価の差額が10万だと。
さらに「f1.4」は開放からは使えない...と言うような都市伝説がありますが、そうでもないです。
どの場面にその「f1.4」を使うか....が問題なので、たとえば「顔のアップにf1.4」よりも「全身」の方が向いているって言うことです。その点は50mmよりもパースの問題さえ考えて撮れば、ストリートだと50mmより35mmの方が全然撮るのが楽です。
現在僕もD800の方のメインレンズとして使っている、最新のシグマの35mmは綺麗でシャープに写りますが、某雑誌にも書いたあったように、「 綺麗だが味が無い 」と言うのは僕も同感です。 しかし、撮る場面に応じて、適正なレンズを使うのが一番効果的なんだと思います。 今回のこのコラムで取り上げた純正のキヤノンの「 35mm f/1.4 L USM 」は周辺光量落ちも目立つのですが、独特の雰囲気が残るので、キヤノン機でポートレートを撮るならば、やっぱり僕はこの35mm f/1.4LUSMがお勧めです。ただし、以前使っていた「7D」の時に確認したのですが、APS-Cでは肝心な「レンズの持ち味」が、トリミング効果でほぼ失われますので、フルサイズのみ、その質感が維持される感じです。
[PR]
by ryusei_ex | 2013-09-14 23:01 | 密(hisoka)