ryuseiz eX4.0

考えて伝える事 

f0117626_16574388.jpg

f0117626_982416.jpg


「  顔ばっかり撮っていても思い出にはなりません。  」



▼先日、某所の「ヴィレッジバンガード」の写真のコーナーのPOPに書いてある「この言葉が僕の目に飛び込んできた。」
なかなか的確な表現に笑った。
そうですよ。そう。僕たちカメラマンは男目線で女の子を撮るとき、どうしてもモデルさんの事が気になって何を伝えたらいいのか多分自分でも判らなくなっていて、考え無しにとると....「 顔写真 」になる。

僕がこの世界に入ったきっかけのモデルさんは、いわゆる素人モデルで、僕が初心者でもあるにも関わらず、その「モデル力(りょく)」で、プロのお仕事に匹敵するポーズの連続に僕を圧倒した。もともと、表情や笑顔含めて抜群な子で営業色一切無しのナチュラル系....いや、もぅ完全にモデルさんのペース。
その時に初めてモデルさんのポージングの実力と場所を読む力とか「場所とポーズの融合」と言うか場所にあった「ポーズの重要性」に後で気が付くことになるのですが、今も僕はどの場所でどういうポーズをするかは、ほとんどモデルさんにまかしていますが、僕の見ている方向でしか判らないような背景との融合が必要なときは「もっと左~」とか指示はしますが、勘の良いモデルさんになるとほぼモデルさんのペースですね。

現在も、本当にポーズを追求しているモデルさんあたりになると、僕が思っている以上に、積極的に動く人もいるのですが、後でデータを眺めてモデルさんのカラーがそれぞれ違っていて面白いなぁ..と。
でも、琴里さんとか撮影暦が長いモデルさんだと、僕がちょっと楽して撮影しているとすぐ見抜かれて後で反省する事に.....。

まぁ、カメラマンもモデルさんもそれぞれの仕事をする訳ですが、結果として「考えて伝える事」て一枚を作り上げるんだなぁ...と思うと写真ってやっぱり面白い。





ヴァンガードのPOPには続きがありまして、下に小さく「  だから風景も一緒にね。  」
う~んなかなかのセンスです★
[PR]
by ryusei_ex | 2013-10-17 10:13 | コラム